チャンピックスで禁煙成功率を上げる
禁煙をしている男性

喫煙歴が長かった芸能人でもチャンピックスを使って禁煙を成功させています。こちらでは禁煙成功率が高いチャンピックスをご紹介します。

たばこの発がん性とチャンピックス服用で禁煙を推進

日本人の死因として多いものに、がんを挙げることができます。
がんを発症するかどうかの確率は生活習慣の改善によって、リスクが軽減されることがわかっています。
喫煙には発がん性があることが知られており、たばこを吸うことによる病気の予防策は禁煙することとなります。
たばこの煙には多くの発がん性物質が含まれていて、主流煙だけではなく、副流煙に関しても健康被害を発症するリスクがあります。
たばこの煙や受動喫煙によって、人間への発がん性があることを考慮して、禁煙が推進されています。
現在の日本では、禁煙指導ではなく、禁煙治療を推進しており、様々な医療機関で治療を受けることが可能です。
禁煙外来が設置されているなど、一定の条件を満たしている医療機関であれば、禁煙治療に健康保険が適用されますので、患者の負担は3割で済みます。
従来までは、ニコチンが含まれているニコチン製剤を使っての禁煙治療が一般的でしたが、今の主流は禁煙補助剤のチャンピックスを用いた治療法となります。
禁煙を達成できない原因として、ニコチンを摂取しなくなることによる離脱症状を挙げることができますが、チャンピックスを服用することで、受容体と結合してドーパミンを放出させるので、タバコを吸うことの満足感を減らす効果があります。
ドーパミンの放出によって離脱症状を軽減させる効果もありますので、禁煙の成功率を高める補助剤として使用が推進されています。
チャンピックスは薬局やドラッグストアで購入することができない医薬品で、専門の医療機関を受診する必要があります。
また、高い効果を得るためには12週間の禁煙治療が必要となり、途中で服用を止めてしまうと成功率が下がることが考えられます。